Uncategorized

コーヒーがギャンブルに悪影響を及ぼす理由

カジノを定期的に訪れる人なら誰でも、テーブルで賭けに参加する際には頭が覚醒した状態であるべきことをご存知でしょう。そのためにアルコールの力を借りる人もいるでしょうし、カフェインやその他の栄養ドリンクに頼る人もいます。もう一つの重要な点は、始めからゲームに負けることを想定して、ギャンブルをする人はいないため、勝率を上げるために戦略的な意思決定を行い、最適な賭け方をすることです。しかし、カジノで提供される無料ドリンクは、一般的な飲み物としてだけではなく、それ以外の目的でも提供されているのです。

研究によると、どの種類のアルコールであっても、影響が及んでいる間のギャンブルは避けるべきだそうです。アルコールが悪影響を及ぼし、すべきでない賭けをしてしまう恐れがあるからです。そのため、この事実を知っている人の大半は、ゲーム中のアルコール摂取を避けています。夜通し元気でいられるような効果があるのは、カフェインと栄養ドリンクです。そのため、ギャンブラーがアルコールの代替品として摂取しているもので一番多いのはコーヒーとなっています。しかし、実はアルコールよりもコーヒーの方が、精神的に受ける悪影響が大きいことを彼らは気づいていないのです。

ギャンブラーは、頭がボーッとするような効果があるために、アルコールの摂取を避けていたとしても、栄養ドリンクやコーヒーに同じ効果があることを忘れてしまっています。これらの飲料も、意思決定に影響を与えるのです。そのため、アルコールの代わりにこれらの飲料を選ぶのはよい賭けとは言えません。なぜならカフェインを大量に摂取した後には、考え方に変化が起こるからです。コーヒーには眠気を一時的に解消する効果があるものの、自然な思考回路を何らかの形で乱してしまいます。このため、脳が通常とは異なる活動を始め、その間に行う意思決定もすべて影響を受けてしまうのです。

ケンブリッジ大学とシカゴ大学が実施した共同研究では、コーヒーを摂取した人はそうでない人と比べて良くない賭けをして、より高いリスクを取りやすいことが確認されています。この研究は『Addictive Behaviors(嗜癖行動)』という科学ジャーナルで発表され、英国の出版物である『ザ・サン』にも掲載されました。この研究では60人のギャンブラーの習慣とカフェインの消費量の関係を記録する実験を行いました。その結果、カフェインの摂取量が多かった人は、良くない賭けをする可能性が5%高いことが確認されました。

シカゴ大学の研究者であるジョー・グラント博士は、ギャンブルをしたいのであればカフェインを避けるのが望ましいと述べています。また、コーヒーの消費量が多いほど、意思決定に悪影響があることを付け加えました。さらに、人々はアルコールを消費するとめまいを起こすが、カフェインはエネルギーを高めるのに役立つと思い込んでいる、そしてカフェインもそれ以上悪くなり得ないほど意思決定に悪影響を与えることに気づいていないと話しています。したがって、あらゆる種類の飲み物から距離を置くのが得策なのです。

このような理由から、カフェインの影響下で賭けをすると、負ける確率が高くなることが研究によって証明されています。そのため、次の機会に頭をスッキリさせておきたければ、提供された無料のお酒を1〜2口すする位でやめておくのが賢明でしょう。